So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

バッハ ミュゼット・ニ長調 Musette BWV Anh.126 [ギター]


ピアノの発表会では幼稚園児でも弾くような曲だけどギターで弾くと自分には
難しい、運指はほぼ決まったものの消音、スタッカート等気にしながら弾いて
みるとまだ速度が上がりません。

nice!(1)  コメント(0) 

今朝の空(ただの空) [散歩]

20180703空.jpg

今朝は空が爽やかで散歩をしているとこんな弾いてみたい曲が湧いてきた。



これはギター一本では可成り厳しいでしょう。

20180703くず.jpg
凄い生命力
20180703あさがお.jpg
”朝顔に釣べ取られてたまるかい” 長谷川町子( ´艸`)
nice!(0)  コメント(0) 

Menuet BWV Anh.114  その2 [ギター]


BWV Anh.115と共に同時代のクリスティアン・ペツオールトの作、
バッハの奥さん、アンナ・マグダレーナ・バッハのための音楽帖に名前を
伏せて載せた為バッハ作と近年まで思われていたそうです。

寝言
サッカーの事は全く知らないし関心も無いけれど先日のFIFAワールドカップでの
日本の戦い方がずるい、おかしい、と西野監督の采配に色々な声が報道された。
自分に一つだけはっきり思う事は監督の責任感、重圧はさぞ大変な事か、と。


nice!(1)  コメント(0) 

今日から一年の後半! [雑]

何とか一曲づつでも課題曲に取組みたいけれどつい楽な道を選んでしまいます。
著作権の関係で大好きなロドリーゴ、タンスマン、トローバ等を外した事は
辛いけれどバッハ、スカラッティ、ヘンデル、アルベニス、グラナドス、
ポンセ、テデスコ、ソル、タレガ等どれも自分にとっては一曲弾くだけでも
一月はかかってしまう難しい曲。まあ無理な目標だけど目の前にぶら下げて
いるだけでギターに繋がっている気になり気休めになります。

20180704.jpg

UFOの基地!? 矢追純一先生

20180701.jpg
朝霧草 先日ゲット
20180702.jpg

20180703.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

No Limit 栗城史多 [雑]

偶々昨日読んだ本  栗城史多 Kuriki Nobukazu  ”No Limit" より
「 高校のとき、僕は母を亡くした。体中にがんが転移していく中、
普通だったら「つらい」とか「痛い」とか弱音を吐いてもいいのに、
母はまったくそういうことを言わなかった。かわりに、聞こえるか
聞こえないかの声で「ありがとう」と口を動かした。母の最期を見届けた
瞬間、僕は何のために生きるかを考えはじめた。
人間というのは限りがある。そして終わりが近づくとわかっていても、
心を折らずに、そうやって生きていく人もいる。その姿をみて、自分も
一生懸命生きなければと思った。最期に「ありがとう」って言って、この世を
去れる人間になりたい。最期に感謝できるような、人生を送れるか。長く
生きられたかどうかは関係ない。大切なのは、どう生きるかだ。」
栗城史多 1982-2018 テレビで登山の実況中継を発信して知られた
冒険家栗城さんが5月21日8回目のエヴェレストに挑戦、登頂ならず下山中に滑落死。
最期の言葉は「ありがとう」だったでしょう。

<アロハ・オエ> <ギター番外編>

元はハワイの恋歌でその後別れの曲として広く歌われるようになったそうです。


nice!(1)  コメント(0) 

野草・雑草-17 [草花]

20180629グロリオサ.jpg
グロリオサ イヌサフラン科
20180629-クチナシ.jpg
クチナシ アカネ科
20180629-メランポジウム.jpg
メランポジウム キク科
20180629-オシロイバナ.jpg
オシロイバナ オシロイバナ科
20180629-アロエ.jpg
アロエ(アロエベラ?の花)ツルボラン亜科
20180629-アガパンサス.jpg
アガパンサスの白い花 ユリ科

<青ぶどうの歌 森 信隆 作曲> <ギター番外編>



今朝、久しぶりに散歩をしたらかってのオリンピック陸上の女王 ジョイナー
を連想するような見事な体形の黒人女性が前方を歩いて姿を消した。
同じ人間でも神様は随分差を付けなさる。


nice!(0)  コメント(0) 

民謡 お江戸日本橋 [ギター 番外編]






20180628.jpg
風が強くて雲が迫力ある
今朝も風が強くてバラやトマトの鉢がひっくり返っていた
nice!(1)  コメント(0) 

ポンセ バレット Balletto [ギター]

Manuel Ponce  1882-1948 メキシコ


今回初めて取組んだ曲で覚えられずに苦労しました。
乗りの良い短くて手頃な感じの曲で前から気になってはいたけれど後半部分が
弾く気にならず手が出ませんでした。セゴビア自身、手を加えている箇所も
あるようで原譜がどうかも確認しないで例によって自分の好みでアバウトで
弾いています。後半は実力あるポンセさんにもう一工夫してもらいたかった。


nice!(0)  コメント(0) 

Menuet BWV Anh.115  その2 [ギター]

BWV Anh.114と共に同時代のクリスティアン・ペツォールトの作、
バッハの奥さん、アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帖に名前を
伏せて載せた為バッハ作と近年まで思われていたそうです。



<初収穫!>
20180625-2.jpg
楽しませてもらったからもう元を取った。
20180625-1.jpg
浜木綿 ユリと思って近づいたら
nice!(1)  コメント(0) 

東京行進曲 昭和4年(1929年) [ギター 番外編]

作詞 西條八十 作曲 中山晋平



<練習メモの寝言>
ギターの演奏を聴いて良いなあ、と思わせる演奏家はとても少ない。
自分にとってやはりセゴビアは特別。常に良い演奏を聴くように心がける
事が大事だと思う。その他大勢の演奏を聴いてこの位なら自分でも何とか
弾けそうなどと安心する事では何にもならない。本物は先ず音。
最初の何秒かで分かる、勝負が着く。(トランプ?)



nice!(0)  コメント(0)