So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大晦日 [雑]

今日はもう大晦日、今年も一年何とか無事に来れました。
2016年を振り返って:

凡人が今更振り返ってみても何がどう見えるわけでもない。
有難い事に家内はじめ周りの者が何とか無事でお陰でこうしてギターを弾いて
安酒でも飲んで来れた事が何よりの事と感謝します。
あれこれやりたいと思っても決めた通りに出来ない性分は分かっているから
来年も成り行き次第でどうなる事か。欲を言えば少し時間をかけて本来の
ギターの曲をもう少しきちんと弾いてみたいと思います。(いつまで弾ける事か)

この場を借りて 皆様にとりまして来年もどうぞ良い年でありますように。

<上を向いて歩こう>



<口直しに 笑顔の素敵だった九ちゃんの歌で>




20161231雲.JPG

お正月 [ギター 番外編]

作詞 東くめ  作曲 滝廉太郎


片付けなどまだ全く手付かず。間に合うか、無理だ。

20161230空.jpg

20161230松飾.jpg
良い年が来ますように

ジュリアーニのプレリュード [ギター]

マウロ・ジュリアーニ  1781-1829 伊



人の好みは歳と共に変わる事があるのでジュリアーニも今後弾く時が来るかも知れない。


20161229空.jpg

カルカッシのパストラーレ Op 21.no.16 [ギター]

Matteo Carcassi 1792-1853 伊



20161228月.jpg
厚い雲の壁(山ではない)の上の三日月
昨日の朝の気味が悪いような生暖かさに反して今朝は風もあって寒かった~。
吉永小百合さんの 北風吹きぬく寒い朝も~ 思わず出てきた。

タレガのタンゴ [ギター]

F.Tarrega 1852-1909 1西


タレガのタンゴで知られている曲ですが作者はタレガのお弟子さんのようです。
明らかにタレガさんの曲とは思えません。その為と変調弦の面倒なので
今回初めて弾きましたが、弾いてみて中々面白い曲だと思いました。
タンボーラを余り繰り返すと力木の接着剤がはがれちゃいそう。

The first Noel まきびと羊を [ギター 番外編]

良く聞くクリスマスキャロル
arr. Jeremy Choi



20161224白波.jpg
今日(12/23)は風が強く白波がとても綺麗だった
20161224波.jpg

20161224富士山.jpg
富士山はいつ見ても素敵だ

20161224月.jpg

Rumor de copla  歌声 [ギター]

F.Moreno Torroba 1891-1982 西


短くて楽に弾けそうな曲が無いかとトローバの作品集をパラっと見たら調号も付いて
無い二頁からなるこの曲を見つけた。どんな曲かと音を出したらとてもカッコ良さそう。
今回初めて知ったこの曲、上手く弾ければとても粋な曲です。アンコール曲なんかにも
ちょうど良さそう。



20161222雲.jpg

20161222月.jpg

アルバのハバネラ Pensando en ti [ギター]

Antonio Alba 1873-1940 西
趣向で3フレットにカポタストで弾きました。


20161221雲.jpg

20161221落葉.jpg

20161221半月.jpg

20161221月.jpg

クリスマスの歌 Villancico de Navidad [ギター]

20161220サンタ.jpg

Agstin Barrios 1885-1944 パラグアイ


早いものでまたXmasが近づいて来ました。私が思い付くギターで弾くクリスマスの
曲というと聖母の御子とこのクリスマスの歌くらい。
昨年弾こうかと思ったものの曲の一部がどうも弾く気にならなくてやめた。
今年も弾く気がしなかった。曲の途中解放弦で弾く箇所がどうにも感じられない。
他に良い曲が思い浮かばず迷っていたところ嫌ならその個所を削って弾いたら
良いのではと思い付き練習してさあ録音しようと思って何気なしにネットを見て
みたら、よく覗くある方のブログにこの曲の問題個所の事が書いてあるのに出くわした。
ハーモニックスで弾いたら見事曲になった。
危ないところだった。記事を載せてくれた某店長さんに感謝します。
(気持ちの中だけでお歳暮にビール1か月分!)
20161220楽譜.jpg

20161220空.jpg

20161220樹.jpg

20161220樹2.jpg

練習メモ [練習メモ]

ギターを弾いていると時に発見(気づき)がある。
先日ある曲を練習していて①弦をaで歌わせて弾きたい音がどうしてもタッチが
弱くて貧弱な音しか出ない、やむなくmで弾いたりしていた。aの指の力が無いの
だからいくら頑張ってもダメだと思っていた。所がふと指でなく手首を曲げ下して
甲の重さとテコの力を利用すれば楽に求める音を出せる事に気づいた。別に考えて
いたわけで無いのに気付いたのは無意識に考えていたのだろう。何を今更こんな
事をと言われそうだが自分にとっては一つの発見。今までにもいくつも発見は
あるけれど時間が経つと忘れてしまう。継続、繰り返しが大事。

カルリ 練習曲イ短調
ギターの練習生でこの曲を弾かない人はいないのでは。