So-net無料ブログ作成
検索選択

冬枯れの南房総 [旅行]

<今朝の一曲 セゴビア ムソルグスキー 古城



フェリーを利用して海岸線をドライブ。
普段、伊豆箱根方面しか行かないので千葉はとても新鮮に感じました。
道路が良く、高層建築が少ないので空が広く明るい、街並みも綺麗で
良い雰囲気でした。また太平洋に面した外海は水が綺麗で目を楽しませて
くれました。養老渓谷はシーズンオフの所為か景観も今一、廃墟と化した
ホテルなども目に付きがっかり。
新鮮な魚に久しぶりに英気を養いささやかなお楽しみ。

20170308-1b.jpg

20170308-2b.jpg

20170308-3b.jpg

20170308-4b.jpg
野島崎灯台より→ 野島崎の野島埼灯台が正しいようです。(訂正追記)
20170308-5b.jpg

20170308-6b.jpg

20170308-7b.jpg

20170308-9b.jpg
養老渓谷
20170308-10b.jpg

20170308-11b.jpg

20170308-12b.jpg
フラワーライン
20170308-113b.jpg

20170308-14b.jpg

ちょっと山中湖へ [旅行]

山中湖に一泊して富士を見て来ました。幸い空が澄んで綺麗な富士を眺める
ことが出来ました。カエデがとても多く予想外に綺麗な色づきでした。
昨日は気温がマイナス3度だったそうです。今回は山中湖泊まりの為時間に
大部余裕があり忍野八海や花の都、初めての御殿場アウトレットなど周って
帰りました。中国人の観光客が随分出ていました。出来れば日本の良い所を
知って帰ってもらいたい気持ちです。


20161111-1.jpg
山中湖より
20161111-2.jpg
富士あざみライン
20161111-8.jpg

20161111-7.jpg

20161111-9.jpg

20161111-10.jpg
保養所の食堂から
20161111-4.jpg
花の都より御正体山
20161111-3.jpg
花の都 チューリップの球根植え
20161111-5.jpg
忍野八海 水底に沢山のコインが!
20161111-6.jpg
なぜか緑色のまま落葉している

<赤いハンカチ  昭和37年>


作詞 萩原四朗 作曲 上原賢六

秋の蓼科 [旅行]

久しぶりに信州蓼科で目の保養をしました。今年は全体的に紅葉が遅いようで
余り色付いていない。蓼科山の方へ高度を上げてやっと綺麗な黄色い山肌に
なって来ました。

20161019稲刈り.jpg

20161019車山から.jpg
車山から蓼科山  日頃の運動不足がたたって山頂付近では心臓がパクパク

20161019松虫草.jpg
松虫草 時期が遅くて辛うじて見つけたもの

20161019優しい時間.jpg
今夜のお宿 奥様は実力派のプロのピアニスト
20161019ヤマボウシ.jpg
ヤマボウシ
20161019かぼちゃ.jpg
かぼちゃ 研究熱心なオーナー自作品
20161020朝食.jpg
コース並みのディナー、朝食皆とても格調高いもので美味しく頂きました。


20161020デザート.jpg
自作の食用ほうずき
20161020女神湖.jpg

20161020蓼科山下.jpg

20161020霧.jpg
途中かなり濃い霧
20161020横岳.jpg

20161020山肌.jpg

20162020白州甲斐駒.jpg
毎回寄る道の駅はくしゅうより名峰 甲斐駒
20161020仙石原.jpg
仙石原

記 
持参したギターをオーナーに弾いてもらい自分のギターの音を聴きました。
ペンション内によく響くギターは弾きてのタッチもあり品の良い優しい音色で
自分としてはかなり満足しました。弾き手のオーナーは何と地区予選を勝ち
上がり東京での本選で銀賞を獲った頼もしいギター愛好家。このような
アマチュアが沢山いれば日本のギター界はもっと広がるのでしょう。
立派な楽譜を所蔵しているオーナーのご好意で何曲かコピーをもらいましたので
これから練習してみようと楽しみです。

緑の信州 [旅行]

ポンコツの車を転がして久しぶりに信州へ行きました。今回のメインは蓼科山の麓、女神湖と
いう静かな湖畔近くのペンションで行われるピアノとギターの演奏会を宿泊を兼ねて聞く事でした。
20150624女神湖.jpg
ペンション ”優しい時間”
20150624ペンション.jpg

ペンションの奥様がプロのコンサートピアニストとしても活躍されており、今回はアルベニス、
グラナドス、トゥリーナ、ファリャ、第二部としてギターリストの伊藤博志さんとのロドリーゴの
アランフェス協奏曲というギターファンにとってもうれしいオールスペイン物でした。
At Homeの雰囲気の中、迫力あるピアノの演奏はギターと比較出来ないすごいものでした。
素敵な演奏を聴いて曲によってはギターでも十分曲の魅力を楽しめるぞとギター馬鹿の私は
思いました。
余談ですが、当日は天気が不安定で時に強い雨の降る陽気でしたが、アランフェスの演奏中、
突然閃光と共に凄い爆発音でびっくりしました。演奏者はそのまま何も乱れず演奏を続け
ましたが何の前触れもなく突然の近距離の落雷は初めての経験で一同胸を撫で下ろしました。

本場以上と伊藤先生のお墨付きご主人の自家製生ハム
(私がシャッポーを脱ぐクラシックギター大好き人間の御主人)
20150624女神湖シェフ.jpg
夕食の時間には一流シェフ顔負けの腕前のペンションの御主人の料理をいただきながら
伊藤先生のスペイン留学時の事など色々話が出て、師匠のホセルイスさんのレッスンで、音の
良くない練習生には爪を切って弾かせある程度音が出るようになったら徐々に爪を伸ばさせた
というような事、またホセルイスさんのタッチはものすごく深く弦に指を当てて弾いた事、
また、あのすごい音を目の前で弾かれ、生徒たちが何とかして出そうとしても出来なかった
という事、たった1、2小節位の短いパッセージを満足できる迄徹底的に弾く事を求められた事
などとても興味深い話を聞きました。

翌日は松本城の天守閣を見て白馬で一泊、栂池で水芭蕉を見て帰路につきました。
松本城
国宝四城:姫路城、彦根城、犬山城、松本城
20150624松本城.jpg
蕎麦の白い花
20150624蕎麦畑.jpg

20150624ロープウェイ.jpg

20150624水芭蕉.jpg

20150624水芭蕉2.jpg