So-net無料ブログ作成
ギター 番外編 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

「千と千尋の神隠し」より いつも何度でも [ギター 番外編]

作曲 木村 弓  編曲 江部賢一


譜面のレピート記号やダルセーニョなどで弾いていても何回目の繰返しだったか
分からなくなって苦労した~。速い曲や繰り返しなど脳処理が間に合わない[涙]

20180204.jpg
昨日は節分、一日一日春が近づいている。


nice!(0)  コメント(0) 

真白き富士の嶺 2回目 [ギター 番外編]

今朝の室温 9℃ 今冬最低
20180127.jpg

<真白き富士の嶺>
作詞 三角 錫子
作曲 ジェレマイア・インガスル  1764-1828 米




nice!(0)  コメント(0) 

雪の降る街を [ギター 番外編]

内田直也 作詞 作曲 中田喜直  


カーテン越しに白く雪が屋根や庭に積もっているのが見えます。
雪国の人から見れば僅かな雪で大騒ぎする都会のニュースは
何やってるんだと思うでしょう。

 


nice!(0)  コメント(0) 

ヴィヴァルディ「四季」冬 第二楽章 [ギター 番外編]

アントニオ・ヴィヴァルディ 1678-1741 伊



<口直し用>




<寝言>
テレビを観ていたら張本さんが珍しく良い事を言っていた。(冗談です)
相手と勝ち負けを競うスポーツ競技で自分のプレーが決まった時にこれ見よと
ばかり派手なジェスチャーと共に大声をあげる事を大人げない、本当に実力の
ある人はそういう事はしない、という意味の事を言っていたのに同感。
男は黙ってサッポロビール、が今までの大半の日本人(?)。
(高倉)健さんだってそんな事はしないはず。
不自然に本来の感情を押し込めてしまう事は良くないけれど相手に対する思いやり、
生き方の美学は大事にしたい。
浜までは海女も蓑着る時雨かな。(歌本来の意味は違うようですが)

<足もと注意  老婆心ながら>
雪が降り道路が凍るととても危険です。凍り付いたコンクリートの階段で足を踏み
出した瞬間に滑って背中から階段の角に叩きつけられ脊椎圧迫骨折をした経験から
滑る時は瞬間で態勢を整える事など不可能です。
nice!(0)  コメント(0) 

バーブ佐竹 女心の唄 (昭和40年) [ギター 番外編]

山北由希夫 作詞 吉田矢健治 作曲 バーブ佐竹 唄
(名前のバーブは竹のバンブーから付けたそうです。)






年齢早見表を手元の手帳で見たら明治が出ていない! 大正7年からで、今年で
丁度100歳、納得。 親が生きていれば父親115歳、母105歳。今思うに経験した
当時の世の中の事などもっと色々聞いておけば良かったのに、何でもないような事が
時が経つと面白いものなのだが。
明治元年1868年(いやロッパ君もう明治だよ!),大正15年、昭和元年 1926年
(解く風呂敷から昭和が出)そして平成もあとわずか。昭和の歌がしっくり来る。

nice!(0)  コメント(0) 

ロシア民謡 ステンカ・ラージン [ギター 番外編]

横尾幸弘 編曲
ステパン・ラージン、スチェパン・ラージン 1630-1671
17世紀ロシアでの農民反乱を指導したドン・コサックの首領の名前。
ドン・コサック: ドン河周辺のコサック(非正規軍団)



nice!(0)  コメント(0) 

通りゃんせ   [ギター 番外編]

國松竜次さんの編曲を使わせてもらいました。江戸時代から伝わる童歌だそうです。
このうたに限らずわらべ歌には歌詞が意味深長なものが色々あります。



nice!(0)  コメント(0) 

青森民謡 もっこ [ギター 番外編]

編曲 國松竜次


床に山積みにしている楽譜を物色したら手頃な曲が20曲程ピックアップ出来ました。
やさしそうなものから弾いて行ければと思います。

國松竜次さんのホームページには親切にもフリーの曲を色々載せてくれております。
この歌は中々寝ない子供に「泣けば山からもっこ来るぞと」脅して寝かせる
津軽の子守唄だそうです。もっこは蒙古のなまりとの事。

nice!(0)  コメント(0) 

フレール・ジャック  [ギター 番外編]

元はフランスの古い民謡でイギリス各地に広がったそうです。
アーユースリーピング、もう起きましょう他色々題名が付けられているようです。
以前NHKのフランス語会話の中でフランス語で覚えた事がありました。

簡単な旋律でも指がコントロール出来ずちゃんと弾けません。何でもない平坦な
道でも躓くようで老化現象。バレーの森下洋子さんがテレビで、歳をとっても毎日
丁寧に柔軟体操をするというような事を言っていました。ギターも多分同じ事でしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

もういくつ寝ると [ギター 番外編]

20171228-1..jpg

<お正月>
今回は1フレットにカポで弾きました

車の行き交う車道を横切る時、普通は車のいない時やタイミングを計りながら
車をやり過ごして渡るし渡ってくれるものと考える。ところが世の中には色々な
考えの人がいて中には流れの状況など全く考えず更にそこが横断歩道でもあれば
いつどう渡ろうと何が悪い、と流れを無視して強引に横切る人もいる。
運転する者にとってはジョーカー的存在でハンドルを握る時は常に色々な
考えの人がいるという事を心してジョーカーを掴まないよう注意が必要だ。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 ギター 番外編 ブログトップ