So-net無料ブログ作成
ギター 番外編 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

知りすぎたのね [ギター 番外編]

作詞・作曲  なかにし礼
唄  ロス・インディオス



<口直しにマヒナスターズさん>


知りすぎたのね      あまりに私を
知りすぎたのね      私のすべて
恋は終わりね       秘密がないから
話す言葉も        うつろにひびく
嫌われたくなくて     嫌われたくなくて
みんなあなたに      あげたバカな私
捨てられたのね      私はあなたに
いいのよいいの      作り涙なんか

知りすぎたのね      あまりに私を
知りすぎたのね      私のすべて
花から花へ        蝶々が舞うように
ほかの誰かを       恋するあなた
嫌われたくなくて     嫌われたくなくて
みんなあなたに      あげたバカな私
捨てられたのね      私はあなたに
しおれた花が       捨てられるように


nice!(0)  コメント(0) 

天城越え  (昭和61年) [ギター 番外編]

作曲 弦哲也 



この曲は感覚的に自分にはちょっと跳んでいるので弾くのはどうかと思った
けれど弾いてみたら中々面白いギター曲の感じでした。
やはり弦哲也さんがギター弾きなのでギターの良さを引き出している。
所が何と僅か半年前に載せていた事に気づき愕然としました。全く記憶が無い。
先の譜面を見たら別の編曲でした。載せる事を迷ったけれど編曲が別なのでご勘弁。
真面目に考えれば物忘れのこの事態は問題であろうけれど今は真面目に考えないで。
nice!(0)  コメント(0) 

おゆき (昭和51年) [ギター 番外編]

内藤国雄 唄 関根浩子 作詞 弦哲也 作曲
歌手から作曲家に転身した弦哲也さんのデビュー作
初め春日八郎さんをイメージして作曲したものの、大御所に依頼するのは
恐れ多いと、内藤棋士にお願いしたそうです。



<内藤国雄さん>

(昨日辺りからブログ画面を開くと目障りなコマーシャルが出るようになった
ような気がする。今までも出ていたはずだがこんなに目障りでなかったように思う。
ネットの基本的な事を知らない泥縄式なのでこれから調べなくては)
nice!(1)  コメント(0) 

池上線  (昭和51年) [ギター 番外編]

作曲 西島三重子 作詞 佐藤順英

こんなローカル線名の歌があったのは知りませんでした。
物心つく前から池上線の走る町に育ち池上線に揺られて通学した私としては
弾かないわけにいかない。子供の頃はストになると勤め人が線路を歩く姿を眺め、
危なさも分からず、友達とレールに釘を置いて電車が通過すると鋭くペシャンコな
手裏剣になるのを面白がった事もありますがのんびりした時代でした。

(今朝は台風一過、久しぶりの本物台風で、直撃したわけでもないのに風雨に
寝付けなかった。お隣さんの庭木が折れて大きな枝が道路に倒れかかっている。
片付けが大変だ)



ちょっとテンポが遅すぎた(^^;)

<口直しに西島三重子さんの歌を>


1 古い電車のドアのそば
  二人は黙って立っていた
  話す言葉を捜しながら
  すきま風に震えて
  いくつ駅を過ぎたのか
  忘れてあなたに聞いたのに
  じっと私を見つめながら
  ごめんねなんて言ったわ
  泣いてはダメだと胸にきかせて
  白いハンカチを握りしめたの
  池上線が走る町に
  あなたは二度と来ないのね
  池上線に揺られながら
  今日も帰る私なの

2 終電時刻を確かめて
  あなたは私と駅を出た
  角のフルーツショップだけが
  灯りともす夜更けに
  商店街を通り抜け
  踏切り渡ったときだわね
  待っていますとつぶやいたら
  突然抱いてくれたわ
  あとからあとから涙あふれて
  うしろ姿さえ見えなかったの
  池上線が走る町に
  あなたは二度と来ないのね
  池上線に揺られながら
  今日も帰る私なの


nice!(0)  コメント(0) 

北の国から 蛍のテーマ [ギター 番外編]

北海道の広大な大地と青空を彷彿させるさだまさしさんの素敵な歌と曲です。
1981年から始まったテレビドラマはとても人気があったようです。
ドラマなどが苦手な私は全く観ていません。今観たら面白そうに思います。



<さだまさしさん>



nice!(0)  コメント(0) 

ブーベの恋人 [ギター 番外編]

1964年日本公開映画(イタリア、フランス合作)の主題曲

この映画は観ていませんが曲は以前は良く耳にしました。
作曲はCarlo Rustichelli カルロ・ルスティケッリ 1916-2004 伊
他にも鉄道員や死ぬほど愛して(映画 刑事の主題歌)他多数。



気に入った編曲があればいつか弾いてみたい”死ぬほど愛して






nice!(0)  コメント(0) 

達者でナ 三橋美智也 (昭和35年) [ギター 番外編]

三橋美智也 唄/ 横井弘 作詞/ 中野忠晴 作曲



<三橋美智也さん>
ズッコケちゃうような伴奏だけどまあ良いでしょう

1 わらにまみれてヨー 育てた栗毛
  今日は買われてヨー 町へゆく
  オーラ オーラ 達者でナ
  オーラ オーラ 風邪引くな
  ああ 風邪引くな 離す手綱(たづな)が
  ふるえ ふるえるぜ

2 俺が泣く時ゃヨー お前も泣いて
  ともに走ったヨー 丘の道
  オーラ オーラ 達者でナ
  オーラ オーラ 忘れるな
  ああ 忘れるな 月の河原を
  思い 思い出を

3 町のお人はヨー よい人だろが
  変わる暮らしがヨー 気にかかる
  オーラ オーラ 達者でナ
  オーラ オーラ また逢おな
  ああ また逢おな 可愛いたてがみ
  なでて なでてやろ

<ハプニング>
原則的に家には入れない事にしているのだが、久しぶりにゴキブリが出た! 
ギターを弾いていたら大変!と言う声に新聞紙を丸めて廊下に行ったら階段の
隅に中くらいのがいた。狙いを定めてひっぱたいたら命中せず廊下を逃げ出した。
敵も必死ならこっちも踏んづけそうになったり必死で2,3回追っ掛けながら
ひっぱたいたら態勢を崩し足がもつれて顔から廊下にコケてしまった。
弾みで、かけていた眼鏡フレームが折れてしまった。((´;ω;`))
若い頃なら顔から落ちるなんてドジは踏まなかったであろうに。
(転ぶという事は結構危ないので普段から意識して注意しましょう   自戒)
nice!(1)  コメント(0) 

有楽町で逢いましょう (昭和33年)1958年 [ギター 番外編]

フランク永井 唄/ 佐伯孝夫 作詞/ 吉田正 作曲



<フランク永井さんの低音の魅力をど~ぞ>


1 あなたを待てば雨が降る
  濡れて来ぬかと気にかかる
  ああ ビルのほとりのティー・ルーム
  雨も愛(いと)しや 唄ってる
  甘いブルース
  あなたと私の合言葉
  「有楽町で逢いましょう」

2 心に沁みる雨の唄
  駅のホームも濡れたろう
  ああ 小窓にけむるデパートよ
  今日の映画(シネマ)はロードショウ
  かわす囁き
  あなたと私の合言葉
  「有楽町で逢いましょう」

3 悲しい宵は悲しいよに
  燃えるやさしい街灯り
  ああ 命をかけた恋の花
  咲いておくれよ いつまでも
  いついつ迄も
  あなたと私の合言葉
  「有楽町で逢いましょう」

20170827-1.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

山のけむり  昭和27年 1952年 [ギター 番外編]

唄 伊藤久男 作詞 大倉芳郎 作曲 八洲秀章



<伊藤久男さん>


1 山の煙のほのぼのと
  たゆとう森よ あの道よ
  幾年(いくとせ)消えて流れゆく
  想い出の ああ 夢のひとすじ
  遠くしずかにゆれている

2 谷の真清水(ましみず)汲み合(お)うて
  ほほえみ交し摘んだ花
  山鳩の声聴きながら
  行きずりの ああ 君とともに
  下りた峠のはろけさよ

3 山の煙のたそがれに
  別れた人のうしろ影
  あとふりかえり 手を振れば
  うすれゆく ああ 淡い夕日が
  染めた茜のなつかしく

nice!(0)  コメント(0) 

女心の歌 La Donna e Mobile [ギター 番外編]

ジュゼッペ・ヴェルディ  1813-1901 伊
オペラ リゴレット より Aria from the opera Rigoletto



口直しコーナー
<カルーゾさん 1907>



<パヴァロッティさん 1964>



20170822-1.jpg

20170822-2.jpg

20170822-3.jpg
ナナフシ  神様は不思議なものを造るものだなあ
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 ギター 番外編 ブログトップ