So-net無料ブログ作成

昔の歌  Old Song [ギター]

佐藤弘和さん  風の間奏曲~48のやさしい小品より



<首が回らない>   
英語ではどういうのかと思ってグーグルで検索したらあった
It does not turn neck  身体的
be deeply in debt こちらは借金で首が回らない時
自分にはどちらもあたるか (借金はないけど)

<最近読んだ本より>
・・・・・・ 終戦の年の暮れぐらいにアメリカ兵が大勢やってくるようになり、
初めてそこでアメリカ人を見ました。子供は現金だから、アメリカ兵のジープに
くっついていけばチョコレートやキャンディーをもらえるとわかると、付和雷同して
わーっとついていく。でも僕は(作者5歳、北海道)、親父に怒られるのが怖くて
我慢しました。親父が旧制中学の教師でしたから。
あるとき、親父と僕、弟の三人で道を歩いていたらアメリア兵のジープが通りかかって、
何か英語で聞いてきたんです。親父が対応すると、そのアメリカ兵は僕ら兄弟に
山盛りのチョコレートとキャンディーをくれました。
まっ赤なパッケージの色鮮やかさが、今でも目に焼きついているほどです。
でも、それを味わうことはかないませんでした。
アメリカ兵がいなくなると、親父が僕らの手からそれをふんだくって、
川に投げ捨ててしまったからです。はからずも、僕は泣きました。
・・・・・・ 一度だけ、友達が拾ったのをこっそりわけてもらって食べただけ。
それはそれは、この世にこんなに甘くてうまいものがあるのかという至福の体験でした。
保坂正康 「昭和の戦争と独立」より
泣けてくる。






nice!(0)  コメント(0) 

マリオ鈴木  コオロギの唄 [ギター]



寝違えたのか首筋を痛めたようで動かすのが怖い。
それではと、左手を極力見ないで弾いてみました。左を見ない分音に注意を
集中出来て良い感じ。いつもそうありたいと思うけれどそうは行かない。

槍ヶ岳に登った帰り道、横尾山荘を経て徳沢辺りではもうかなり暗くなって来た。
月明かりは無く足元も覚束ない。懐中電灯も無く(何と無謀な事)道の凸凹を目を
見開いて僅かな濃淡で見当を付けながらひたすら明神池へと足を進めた。松明代わりに
新聞紙に火を付けて歩いてもちょっと歩けばダメ。明神池付近は道のすぐ横は流れに
なっているので注意しないと危ない。暗闇の中を手探りで歩いていたらやっと後ろから
単独の男性が下りて来た。地獄で仏とばかりこのチャンスを逃せない、同行をお願いして
無事明神池に到着出来た。やれやれ。
普段習慣で、道を歩く時足元を確認の為しょっちゅう見てしまう。だけど見なくても
感を働かせば歩けるものだという若い頃の貴重な経験(?)を思い出した。

nice!(0)  コメント(0) 

悲しいワルツ Sad Waltz [ギター]

佐藤弘和さん  風の間奏曲~48のやさしい小品より



20170916-1.jpg

20170916-2.jpg
変わり映えしないけれど

nice!(1)  コメント(0) 

ひとりごと Monologue [ギター]

佐藤弘和さん 48のやさしい小品より



Myひとりごと
図書館に行って音楽関係の棚を覗くと解説書、何々の入門書、初歩の初歩、
どうでも良いゴシップ本などが多く目に付く。人間臭いと言えばそれまでだけど。
せめて図書館はピアノやギターなど天才たちの作品集をきちんと完備する事が
必要なのではないかと思ってしまう。
日頃、見わたすに特に今の日本人の色々な事、解説が多すぎ御託が多すぎ肝心の
コアと取り組む事が非常に少ないように感じる。ギターでも兎に角弾かない事には
始まらないと言いたい所 ・・・だけど~ 悲しいかな、男は黙って・・・ビール!
というスタンスを固守しようとし たら自分も一言も発せられなくなってしまうのが
現実。一曲も弾けなくなってしまう。
と言う事なので締まらないけれど気楽に行く事にしています。

20170914-1.jpg
空即是色 今年もまた咲き出した
20170914-2..jpg

20170914-3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

夜警の騎士 Compagnons d la Marjolaine [ギター]

佐藤弘和さん 48のやさしい小品より
フランス民謡 「マルジョレーヌの仲間」



(以下ネットより)


うろうろ歩く
  マルジョレーヌの仲間
  うろうろ歩く
  波止場の上を

  見張りの騎士だよ
  マルジョレーヌの仲間
  見張りの騎士だよ
  波止場の上の

  何を探してる
  マルジョレーヌの仲間
  何を探してる
  波止場の上で

  花嫁さんをひとり
  マルジョレーヌの仲間
  花嫁さんをひとり
  波止場の上で

  夜中に来なさい
  マルジョレーヌの仲間
  夜中に来なさい
  波止場の上に

  夜中が来ました
  マルジョレーヌの仲間
  夜中が来ました
  波止場の上に

  何をくれますか
  マルジョレーヌの仲間
  何をくれますか
  波止場の上で

  金銀財宝
  マルジョレーヌの仲間
  金銀財宝を
  あげましょう

  そんなものいりません
  マルジョレーヌの仲間
  そんなものいりません
  波止場の上で

  わたしの心を
  マルジョレーヌの仲間
  わたしの心を
  差し上げましょう


夜警を主人公にして求愛を歌ったもの。
ここでは波止場の見張りということになっているが、
昔のパリでは夜になると警備にあたるものが辻々にたって、
人々に家に帰って寝るように呼びかけていたという。

20170910-1.jpg

20170910-2.jpg

20170910-3.jpg

20170910-4.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

オーソレミオ  O SOLE MIO [ギター]

作 Eduardo Di Capua 1865-1917 伊
有名なカンツオーネ ”私の太陽” という意味



タレガさんの編曲を元に弾きました。
一ヶ所指が開かず何回弾いても弾ける時とミスる時があり苦労しました。
弾ける時があるという事は弾けるという事で繰り返していたら
あら不思議弾けるようになって来ました。
(録音を聞いてみたら台所の雑音が入ってしまっていました。横着して再録しません)

20170908-2..jpg

20170908-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ファルー  ミロンガ変奏曲 [ギター]

Eduardo Falu 1923-2013  アルゼンチン

フォルクローレの2人の大家、ユパンキとファルー
このような凄い人がまた同時代に出て来るのはいつの事か。



ファルーさんの流れるような演奏をイメージしながら弾こうとしてもそうは
行かない。特別困難な個所は無いものの相変わらず中々覚えられず苦労する。
弾こうとすると気分的に拒絶反応で弾きたくない、兎に角その気持ちのまま
繰返して弾いている中にやっと拒絶感が無くなって来ました。だけど未だ
アルペジオの箇所はメタメタ、指がついて行かない。スコット・テナントの
言う事を聞いてジュリアーニのアルペジオの練習でもすれば動くかも知れない
けどそんな事はやらない。それでもアルペジオの部分だけでも今後も指の練習に
弾いて行ければ良いなと思います。

nice!(1)  コメント(0) 

タンスマン サラバンド 12のやさしい小品 Vol.1より [ギター]

Alexandre Tansman 1897-1986 ポーランド



20170904-2.jpg
これからはお前の世界だ
20170904-1.jpg
一気に秋に突入。短パン、半袖から秋バージョンに衣替え。
今年は気候の所為なのか蝉の鳴き声が随分少ない。
気温の変化は体(生命体)にとても大きな影響があるので風邪など引かないように!

nice!(0)  コメント(0) 

タンスマン カヴァティーナ組曲より サラバンド [ギター]

Aleksandre Tansman 1897-1986 ポーランド

プレリュード、サラバンド、スケルツィーノ、バルカローレよりなる組曲。
この譜面には運指が付いていません。この組曲はバルカローレ以外弾いて
いなかったので今回も運指で苦労しました。運指は数種類考えられるので
かえって迷いました。これで決まりかと思って弾くとまた変わる、木材から
彫刻刀で像を彫るように弾く度にゴツゴツが取れて来る。
短い曲ながら弾くほどに味わいのある曲です。



20170814-1.jpg
大体カメラを向けると飛び立つのだけどここのカラスには無視された
nice!(0)  コメント(0) 

ソル OP.2 No.4 (6つのディヴェルティメントより) [ギター]



初めに音を延ばしぱなしで弾いて録音を聞いたらどうも締まらない。
スタカートを付けて少しは聞けるようになりました。ただスタカートの付け方が
工夫が足りず鼻に付いて嫌になるかも。
最後の音は弾きやすくする為 ドを加えました。

nice!(0)  コメント(0)