So-net無料ブログ作成

Vals [ギター]

作者不詳
どこかで聞いた事があるようだけど。




<練習思い付きメモ: コツを掴む>
誰でも何度かは、今までどうしても出来なかった事がある瞬間に出来るようになった、
という事があるでしょう。初めて自転車に乗った時、すぐ倒れてしまったのが
ある瞬間すっと倒れないでハンドル操作して乗れるようになった、プールで、
沈みそうになってバタバタあがいてもダメで足を付いてしまうのが沈んでも慌てず
浮かんで来るに任せて浮いていられるようになった、等々。

新しく曲に取組む時は必ず弾けない箇所に突き当たり試行錯誤する。
繰返し練習して行くと弾けるようになる。どのように弾けるようになったのか
を見ると指や手首、腕,肩の動きが無理のない形で必要な時以外は脱力している。

共通する事は;
出来ない状態に直面して諦めないで試行錯誤を繰り返す。
動きが自然で無理な力が入っていない。
その結果ふっとコツを掴む。
棚ぼたは効かない。

nice!(0)  コメント(0) 

フェレール アンダンティーノ [ギター]

Jose Ferrer 1835-1916 西


装飾音がちゃんと出ていない(^^;) 弾き直せばいいものを。


nice!(0)  コメント(0) 

ポンセ セゴビア編12の前奏曲 VI [ギター]

Manuel Ponce 1882-1948 メキシコ



20171012-1.jpg
普段あまり気付かないけど気温とか湿度等の条件で綺麗に見える事があるのか。
数年前に行った冬のフランス、ニースでは気温が低い所為かとても沢山綺麗に
見えた事を思い出します。

nice!(0)  コメント(0) 

パスカル・ロッチのハバネラ [ギター]

Pascual Roch 1860-1921
タレガの門下だったそうです。



nice!(0)  コメント(0) 

シューベルト ワルツ OP.9 D 365 No.1 [ギター]

Frantz Schubert 1797-1828  独
36の独創的舞曲(最初のワルツ集)より1番  arr.Evangelos Assimakopoulos
ショパンのように一度聴いたら強く心に残る陰影の深い曲ではないけれど、
どれも短い曲で心が和む優しさのある曲集です。



nice!(1)  コメント(0) 

メヌエット [ギター]

ジェレマイア・クラーク Jeremiah Clarke  1674-1707 英



この作曲家はチェンバロ曲「デンマーク王子の行進曲」の作曲者。
パーセルがトランペット用に編曲して「トランペットボランタリー」が有名になり
パーセルの作品と長い間思われていたそうです。
(ヴォランタリーとは教会の礼拝前後とその合間に演奏されるオルガン曲)

<トランペットボランタリー>


nice!(0)  コメント(0) 

Mr.Dowland's midnight [ギター]

John Dowland 1563-1626 英
"ダウランド氏の真夜中" 面白い曲名ですね,



20171006.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

サグレラス Book 2 Lesson 23 [ギター]

J.. Sagreras 1879-1942 アルゼンチン



20171005-2.jpg

20171005-1.jpg
<セイタカアワダチソウ>
ブタクサと混同されて花粉症の原因と誤って思われている(そうです)
nice!(0)  コメント(0) 

サグレラス Book 2 Lesson 15 [ギター]

J.. Sagreras 1879-1942 アルゼンチン


nice!(0)  コメント(0) 

サグレラス Book 2 Lesson 14 [ギター]

J.. Sagreras 1879-1942 アルゼンチン



20170930-1.jpg

20170930-2..jpg

20170930-3.jpg
今朝の雲は綺麗だった
nice!(0)  コメント(0)