So-net無料ブログ作成
検索選択

大晦日 [雑]

今日はもう大晦日、今年も一年何とか無事に来れました。
2016年を振り返って:

凡人が今更振り返ってみても何がどう見えるわけでもない。
有難い事に家内はじめ周りの者が何とか無事でお陰でこうしてギターを弾いて
安酒でも飲んで来れた事が何よりの事と感謝します。
あれこれやりたいと思っても決めた通りに出来ない性分は分かっているから
来年も成り行き次第でどうなる事か。欲を言えば少し時間をかけて本来の
ギターの曲をもう少しきちんと弾いてみたいと思います。(いつまで弾ける事か)

この場を借りて 皆様にとりまして来年もどうぞ良い年でありますように。

<上を向いて歩こう>



<口直しに 笑顔の素敵だった九ちゃんの歌で>


上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
思い出す春の日
一人ぼっちの夜

上を向いて歩こう
にじんだ星を数えて
思い出す夏の日
一人ぼっちの夜

幸せは雲の上に
幸せは空の上に

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く
一人ぼっちの夜

思い出す秋の日
一人ぼっちの夜

悲しみは星の影に
悲しみは月の影に
上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く
一人ぼっちの夜
一人ぼっちの夜



20161231雲.JPG

お正月 [ギター 番外編]

作詞 東くめ  作曲 滝廉太郎


片付けなどまだ全く手付かず。間に合うか、無理だ。

20161230空.jpg

20161230松飾.jpg
良い年が来ますように

ジュリアーニのプレリュード [ギター]

マウロ・ジュリアーニ  1781-1829 伊



人の好みは歳と共に変わる事があるのでジュリアーニも今後弾く時が来るかも知れない。


20161229空.jpg

カルカッシのパストラーレ Op 21.no.16 [ギター]

Matteo Carcassi 1792-1853 伊



20161228月.jpg
厚い雲の壁(山ではない)の上の三日月
昨日の朝の気味が悪いような生暖かさに反して今朝は風もあって寒かった~。
吉永小百合さんの 北風吹きぬく寒い朝も~ 思わず出てきた。

倖せさがして  (昭和55年) [ギター 番外編]

五木ひろし 唄 たかたかし 作詞 木村好夫 作曲



<五木ひろしさん>


あなたのために 生まれてきたのと
おまえははじらい 小指をからませる
さがしていたんだよ
ちいさなしあわせを
俺のこころを ささえてくれる
やさしい女を さがしていたんだよ

からだのために わるいと叱って
おまえはタバコを 笑ってとりあげる
さがしていたんだよ
ちいさなしあわせを俺に一生
ささげてくれる
かわいい女を さがしていたんだよ

きれいな花と いわれるよりも
おまえのような 素直な花がいい
さがしていたんだよ
ちいさなしあわせを
胸にほのぼの 灯りをともす
おまえをひとり さがしていたんだよ

懐かし曲です。ギターのレッスンに通っていた時、面白い人がいて、レッスンの後に
この曲を器用に弾き語りで弾いたのがこの曲との初めての出会いで印象に残っています。
レッスンでは先生に散々厳しく注意されても、おっ、あれっ、などと全く意に介せず
弾いていました。



柿の木坂の家 [ギター 番外編]

作詞 石本美由起  作曲 船村徹
船村徹さんの歌はいいですね。

<口直しに青木光一さん>

1 春には柿の花が咲き
  秋には柿の実が熟(う)れる
  柿の木坂は駅まで三里
  思い出すなァ ふる里のョ
  乗合バスの悲しい別れ

2 春には青いめじろ追い
  秋には赤いとんぼとり
  柿の木坂で遊んだ昔
  懐しいなァ しみじみとョ
  こころに返る 幼い夢が

3 春くりゃ偲(しの)ぶ馬の市
  秋くりゃ恋し村祭り
  柿の木坂のあの娘(こ)の家よ
  逢ってみたいなァ 今もなおョ
  機織(はたお)りながら暮していてか

<遅ればせながら>
20161226-6.jpg

20161226-4.jpg

20161226-5.jpg

20161226-2.jpg

20161226-1.jpg

20161226-3.jpg
以上娘のお遊び

タレガのタンゴ [ギター]

F.Tarrega 1852-1909 1西


タレガのタンゴで知られている曲ですが作者はタレガのお弟子さんのようです。
明らかにタレガさんの曲とは思えません。その為と変調弦の面倒なので
今回初めて弾きましたが、弾いてみて中々面白い曲だと思いました。
タンボーラを余り繰り返すと力木の接着剤がはがれちゃいそう。

The first Noel まきびと羊を [ギター 番外編]

良く聞くクリスマスキャロル
arr. Jeremy Choi



20161224白波.jpg
今日(12/23)は風が強く白波がとても綺麗だった
20161224波.jpg

20161224富士山.jpg
富士山はいつ見ても素敵だ

20161224月.jpg

花の街  昭和22年 [ギター 番外編]

作詞 江間章子  作曲 團伊玖磨



<口直しに鮫島有美子さん>


1 七色の谷を越えて
  流れていく風のリボン
  輪になって 輪になって
  駆けていったよ
  歌いながら 駆けていったよ

2 美しい海を見たよ
  あふれていた花の街よ
  輪になって 輪になって
  踊っていたよ
  春よ春よと 踊っていたよ

3 すみれ色してた窓で
  泣いていたよ 街の角で
  輪になって 輪になって
  春の夕暮れ
  ひとり寂しく 泣いていたよ

Rumor de copla  歌声 [ギター]

F.Moreno Torroba 1891-1982 西


短くて楽に弾けそうな曲が無いかとトローバの作品集をパラっと見たら調号も付いて
無い二頁からなるこの曲を見つけた。どんな曲かと音を出したらとてもカッコ良さそう。
今回初めて知ったこの曲、上手く弾ければとても粋な曲です。アンコール曲なんかにも
ちょうど良さそう。



20161222雲.jpg

20161222月.jpg