So-net無料ブログ作成

奥飛騨慕情 [ギター 番外編]

竜鉄也 唄、作詞・作曲   1936-2010

中学生の時失明し、随分大変な人生を送られたそうです。20代から飛騨高山を中心に
演歌師、作詞、作曲をしてその後1980年にこの曲でデビューし1981年にはNHKの
紅白にも出場しました。私は迂闊にも弦哲也さんと混同していて今回初めて知りました。



シエリト・リンド  CIELITO LIND [ギター 番外編]

1882年 メキシコの キリノ・メンドーサ・イ・コルテス作とあります。
                               竹内永和編曲




口直し用にトリオロスパンチョスで



盗賊の歌 [ギター]

ミゲル・リョベート 1878-1938 カタローニャ

タレガの弟子だそうですが、タレガ同様憎いくらいギターの神髄を掴んだ人です。
この曲もカタローニャの民謡をもとに編曲したそうですが作曲と言っても良いと思います。



 [ギター 番外編]

滝廉太郎 作曲   1879-1903
武島羽衣 作詞

青空の下、水温む春の川辺の様子が目に浮かび春の喜びで体中満たされるような
気になります。早春譜と並び特に好きな春の曲です。滝廉太郎はわずか23歳の短い
生涯で荒城の月やこのような曲を残してくれました。



今日は富士山はお預け。もうすぐ新緑で色づいて来るでしょう。
(湘南国際村より) ロフォス湘南内のレストランACTYでランチをしましたが
気持の良い所でヴォリュームを求めない向きにはお薦めと感じました。

20160226葉山.jpg

太陽がいっぱい Plein Soleil [ギター 番外編]

20160225.jpg
1960 仏&伊合作映画
監督 ルネ・クレマン  主演 アラン・ドロン  作曲 ニーノ・ロータ
映画も音楽も見事、カメラも何処を取っても素晴らしい。
何度見ても飽きません。



口直し用に

カルカッシ OP 59 50の練習曲より 1,9,22番シシリアーナ [ギター]

懐かしい曲です。東京の下町、武蔵小山の駅近く、溝淵浩五郎先生のお宅で当時門下の
先生が4人でレッスンをしていました。ここではギターは教室のものを使いました。レッスン
室(和室)の隣の待ち合室には自由に何でも記帳出来るノートと、爪磨き用のセーム皮があり
これをV字状に溝を付けた板にあてて磨きながら待っていると奥様がお茶を出してくれました。
溝淵先生の亡くなられて間の無い頃だと思います。



20160224菜の花.jpg

20160224しだれ梅2.jpg

20160224しだれ梅.jpg

夜明けのうた [ギター 番外編]

作詞   岩谷時子
作曲   いずみたく

1963年、坂本九さんがテレビドラマの主題歌で歌った後、翌年岸洋子が一部
詩を変えて歌いその後夜明けの歌と言えば岸洋子と言う位大ヒットしたものです。




口直しに
岸洋子さん


愛の讃歌 [ギター 番外編]

作詞 エディット・ピアフ   1915-1963
作曲 マルグリット・モノー
編曲  本橋正人

ピアフの歌で有名なこの曲は日本でも多くの歌手によって
歌われています。これ程多くの歌手に歌われるのも珍しいでしょう。



エディット・ピアフ

モスクワ郊外の夕べ [ギター 番外編]

V.ソロヴィヨフ・セドイ  1955年作曲
ロシア民謡として知られています。ダークダックスがソ連に歌いに出かけ
当時流行っていた曲を持ち帰って歌ったのが初めだそうです。
ロシア民謡は一頃随分歌われましたが、どれも哀愁を帯びた感じの曲が多いようです。



ボニージャックス


20160221梅.JPG

20160221.jpg

私のお父さん  O Mio Babbino Caro [ギター 番外編]

Giacomo Puccini 1858-1924  伊
オペラ ジャンニ・スキッキ よりラウレッタのアリア




口直しに
キャスリーン・バトルさん


マリア・カラスさん