So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

オーラ・リー   Aura Lee [ギター 番外編]

作曲 ジョージ・R・プールトン  1861年に発表されたアメリカの歌 
南北戦争(1861~1865)の頃、兵士の間で盛んに歌われ、オーラ・リーは
女性の名前だそうです。



エルヴィス・プレスリーのラヴ・ミー・テンダーはこの曲が原曲。
<プレスリーさんの歌 1956年>


Elvis Presley 1935-1977 usa

20170820-1.jpg
山中湖 標高 980.5m は 富士五湖で一番高い
残念ながら今回は富士山が見えなかった。
20170820-2.jpg
湖一周14km サイクリングロードが8割完備という事です。
20170820-3.jpg
忍野のトウモロコシ、天候不順でダメかと思ったけれど結構美味しかった。
nice!(0)  コメント(0) 

誰か故郷を想わざる (昭和15年)1940年   [ギター 番外編]

古賀政男 作曲 西條八十 作詞  霧島昇 唄



<霧島昇さんの歌>


1 花摘む野辺に日は落ちて
  みんなで肩を組みながら
  唄をうたった帰りみち
  幼馴染(おさななじみ)のあの友この友
  ああ誰(たれ)か故郷を想わざる

2 ひとりの姉が嫁ぐ夜に
  小川の岸でさみしさに
  泣いた涙のなつかしさ
  幼馴染のあの山この川
  ああ誰か故郷を想わざる

3 都に雨の降る夜は
  涙に胸もしめりがち
  遠く呼ぶのは誰の声
  幼馴染のあの夢この夢
  ああ誰か故郷を想わざる

大分以前読んだ記憶では、古賀政男さんの自伝中に、西條八十のこの詩(2番)
を見た古賀さんは西條さんに日記を盗み見されたのではと疑った程、古賀政男
の体験した心情が歌われていたそうです。

nice!(1)  コメント(0) 

タンスマン カヴァティーナ組曲より サラバンド [ギター]

Aleksandre Tansman 1897-1986 ポーランド

プレリュード、サラバンド、スケルツィーノ、バルカローレよりなる組曲。
この譜面には運指が付いていません。この組曲はバルカローレ以外弾いて
いなかったので今回も運指で苦労しました。運指は数種類考えられるので
かえって迷いました。これで決まりかと思って弾くとまた変わる、木材から
彫刻刀で像を彫るように弾く度にゴツゴツが取れて来る。
短い曲ながら弾くほどに味わいのある曲です。



20170814-1.jpg
大体カメラを向けると飛び立つのだけどここのカラスには無視された
nice!(0)  コメント(0) 

子曰: 学而時習之、不亦説乎 [練習メモ]

学びて時にこれを習う、また説ばし(よろこばし)からずや
な~んちゃって、

<練習メモ>
今日中に録音して載せなくては、というような無理な気持ちの桎梏から試しに
自分を解放してほぼ一週間、ギター以外の事にもいくつか気持ちを向けてみました。
スピーカーの音が片方しか出ないなどアンプが原因と思いアンプを買い替えても
結果は同じだった、原因はスピーカーのコードの接触不良、修理するのが面倒で
専らパソコンでYouTubeなどを聞いてコンポは放っておいた。
孫が遊びに来る度に何故かアンプのつまみをあちこち回したり押したり足を載せたりで
使わないうちにダメになったら親に請求しようかと思っていた。
今回試しにスピーカーの状態を見て直せるものなら直してみようかと久しぶりに
電源を入れたら何故か正常に音が出た。
やはりパソコンでの音とは別物で良いなあと思った。
ところでギター、
録音するとすぐ次の曲に取り掛かり折角苦労して覚えた曲もすぐ忘れてしまう、
そこで今回は今までに弾いた曲でも特に好きな曲を毎日1,2曲取り出して一部
だけでも譜面を見直して弾いてみるととても良い。正に、時にこれを習う。
練習では弾けない状態を十分味わう事が大事だと感じました。弾けない箇所に
なるとどうしても無理をしてしまう。無理が通れば道理が引っ込むというわけ
にはならず今回もまた練習中に左手首を少し痛めた。
取敢えずは当分このペースでゆっくり行こうと思います。

<レスピーギのシチリアーナ>
リュートのための古風な舞曲とアリア第三組曲第三楽章



20170813-1.jpg

20170813-2.jpg

20170813-3.jpg
気が付いたら今年ももう咲いていた
20170813-4.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ベッドから落ちた! [雑]

家の建て替え後畳を無くしてベッドに変えてもう15年、寝相に自信は無いけれど
ベッドの縁近くに寝ても一度もベッドから落ちた事が無いので落ちるという発想が
全く無かった。ところが何故か,いとも呆気なくドスンと落ちた。幸い高さが少なく、
落ち方が良かったので無事だったが下手すればギターが弾けなくなってしまう。
これからはベッドの中央で寝るようにする。同じくベッドで寝ている方はご注意下さい

20170811-1.jpg
鳥が運んで来たのかユリが沢山咲き始めた。
20170811-2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

軌道修正 [雑]

このところ少しギターにのめり込み気味でしたのでここでペースを落として
みようと思いました。
基本的には選曲や曲を載せる頻度は決めないで出来るだけ毎日と思って来た
ものの弾きたい曲がどうしても後回しになってしまう。これからは頻度は
分からないけれど余裕を持ってゆっくり続けようと思います。
合わせてなるべくパソコンから離れてアナログで行きたいと思います。

<ちょっと一服 変な選曲: さんさ時雨 宮城県民謡>



nice!(0)  コメント(0) 

ソル OP.2 No.4 (6つのディヴェルティメントより) [ギター]



初めに音を延ばしぱなしで弾いて録音を聞いたらどうも締まらない。
スタカートを付けて少しは聞けるようになりました。ただスタカートの付け方が
工夫が足りず鼻に付いて嫌になるかも。
最後の音は弾きやすくする為 ドを加えました。

nice!(0)  コメント(0) 

りんどう峠  (昭和30年) [ギター 番外編]

島倉千代子 唄 西條八十 作詞 古賀政男 作曲
鈴を転がすようなきれいな声の歌手でした。



<島倉千代子さん>


(一)
りんりんりんどうの 花咲くころサ
姉サは馬コで お嫁に行った
りんりんりんどうは 濃むらさき
姉サの小袖も 濃むらさき
濃むらさき ハイノハイノハイ

(二)
りんりんりんどうの 花咲く峠
姉サは馬コで あとふりかえる
姉サに行かれて なんとしょう
いっしょに柴刈る ひとも無い
ひとも無い ハイノハイノハイ

三)
りんりんりんどうは 小雨にぬれる
わたしゃ別れの 涙でぬれる
りんりん鳴るのは 馬の鈴
姉サは峠に 消えてゆく
消えてゆく ハイノハイノハイ

<プリンターがお釈迦に>

日頃、主に楽譜の印刷に可成りの頻度と量で使っていたブラザーのプリンターが
最近ブラックインクの目詰まりで、その都度色々苦心して対応し直ったと喜ぶと
またダメになるという事を繰返して来ました。このブラザーはコストを抑えよう
として選択、そしてインクも最近は専ら互換品を使っていました。プリンターは
今までにもエプソン、キャノンも純正インクで使って来ても5,6台はダメにして
来たので必ずしも互換インクが原因かは不明ですが今回は多分インクが原因
と思います。ノズルのご機嫌に任せていられないので已む無く炎天下を3店の家電
量販店を回りまたブラザーを買ってきました。今回は純正インクで印刷も考えて
使用して行こうと思います。
早速以前のドライバーを削除し、新たにインストールの上印刷しようとすると前
より更に印刷の反応が遅くなった! ロースペックのPCとは言えこんなに遅いん
じゃ仕事(遊び)にならない。
当分は改善方法を模索し馬鹿らしい事に時間を使う事になりそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

花のメルヘン  昭和45年 [ギター 番外編]

作詞・作曲 敏トシ



<ダークダックス>


1. むかしむかしその昔 小さな川のほとりに
大きな花と小さな花が 並んで咲いていた
大きな花は美しい いつも楽しく唄う花
けれども小さな花は たった一人ぼっち
恋の陽(ひ)ざし浴びて 二つの花は
春の想いに 胸をふくらませる
むかしむかしその昔 小さな川のほとりに
大きな花と小さな花が 並んで咲いていた

2. あの娘(こ)もこの娘もこの俺(おれ)を ひとめ見ようとここに来る
生きてることの楽しさは おまえにゃわかるまい
大きな花さん聞いとくれ たとえ一人ぼっちでも
僕には心の太陽が いつもかがやいてる
愛の息吹(いぶき)浴びて ふたつの花は
春の想いに 胸をふくらませる
むかしむかしその昔 小さな川のほとりに
大きな花と小さな花が 並んで咲いていた
並んで咲いていた 並んで咲いていた

20170806-1.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ソル エチュード Op.35-18 [ギター]

OP.35は24のとても易しい練習という題の曲集で、セゴビア編20の練習曲にも
この中から1,5,6,15番と4曲選ばれています。
ソルさんは易しいと言うけれどいざ弾いてみるととても思うようには弾けません。
練習曲なのだから練習しないと弾けないという事でしょう。やはりこのような古典
ものを早い時期からしっかり練習する事が大事だと思いますが時すでに遅し。



20170805-1.jpg
今朝は風が無く揺れていないのでまたカメラを向けてしまった

20170805-2.jpg

20170805-3.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -