So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

エターナリー(その2) [ギター]

1952年公開映画「ライムライト」のテーマ曲 作曲もチャップリン



<寝言>
冬季オリンピック、女子フィギュアの決戦はロシア選手の圧倒的なレベルの高さに
圧倒されました。4位になった宮原知子さんも力を出し切って素晴らしかった。
スポーツ競技の中でも体操やフィギュアの演技はギターの演奏と共通する事が色々
あります。子供の頃から大変な練習を積んできた選手達がたった一度の演技にその
成果を十分出し切るという事が想像もつかない程大変な事だと思うにつけ年若い
人達の努力、集中力、自己コントロール力に脱帽します。


nice!(0)  コメント(0) 

鉄道員(その2) IL Ferroviere [ギター 番外編]

監督、主演 ピエトロ・ジェルミの1956年イタリア映画





20180223-1.jpg
<うどん派、そば派?> (サンドイッチマン)

家の近くの洋画館で総天然色映画の”黄色いリボン”が上映された時は満員の
盛況だった。ちゃんばら派の私は見なかったけど専ら邦画館で片岡千恵蔵、
市川右太衛門、嵐完寿郎・・・良く見ました。鞍馬天狗のアラカン(嵐完寿郎)が
馬に乗って杉作を助けに駆けつける場面になると館内が一斉に拍手。これらの映画は
どれも白黒映画。姉に連れてオズの魔法使いを観た時、嵐の中少女ドロシーが
逃げ廻って家に駆けこむまでのセピア色の画面から、目を覚ましドアを開けた途端
そこは総天然色の花園。ため息の出るような強烈な印象を今でも覚えている。
この鉄道員は色無し。だけど映画の魅力は別問題。更にテーマ曲も素晴らしい。
写真でも白黒にこだわる人、水墨画を描く人など、それぞれ違う世界と魅力が
あるようです。

nice!(0)  コメント(0) 

イルカに乗った少年(その2)  [ギター 番外編]

1957年 映画 島の女 Boy on a Dolphin テーマ曲

当時の映画のテーマ曲には良い曲が多いです。ソフィアローレン主演のこの映画は
観ていないけれど曲はとても印象に残る曲です。何故かYouTubeにはギターでは
余り載っていないのが残念です。





nice!(1)  コメント(0) 

テネシーワルツ(その2) [ギター 番外編]


眠っている楽譜を自分の手で起こしてやるという楽しみもあって(作曲者にとっては
迷惑だろうけれど)出来るだけ違う曲を選んで来たものの最近は簡単に取り掛かれる
適当な曲の譜面を準備する事が難しくなって来ました。已む無くこれからは時々以前
載せた好きな曲を再度弾いてみようと思います。それにしてもこの曲、聞いていると
何故か心の琴線に触れてジンとして来る良い曲です。同じ曲をまた弾くのだから以前
よりはマシに弾きたいけれど中々思うように行かない事が多いです。


nice!(0)  コメント(0) 

太陽のかけら Desert Island [ギター 番外編]

1965年 スウェーデン映画で使われた曲。
日本に於ける映画上映で元のテーマ曲が受けそうにない時、関係の無い曲を
持って来てテーマ曲として使う事が時にあったそうで、夜霧のしのび逢いなどと
同じようなものだそうです。


nice!(0)  コメント(0) 

夜霧のしのび逢い [ギター 番外編]

クロード・チアリさんのギターで有名な曲です。



初めてギター教室の発表会に出た時の事、練習してまあそこそこ弾けるだろうと
思っていたのがとんでもない、ドレミも弾けなくなる感じで6,7割方弾ければと
思っていたのが2割位しか弾けない感じ。人前で弾く事が普段とはこんなに違うのか
と初めて知った。それからは本番では3割しか弾けないなら練習を3倍はやらねばと
考えるようになった。ただ、本番で不甲斐ない出来の時でも、残念な気持ちはある
ものの不思議と清々しい気持ちがするものでした。
先日フィギュアのメドベージェワ選手のコーチが、練習で150%の練習をする事で
本番で120%の結果が出せるというようなこと(数字は違ったかもしれないけど)
を言っていたので面白かった。自分の発想では150が70か80と言うのかと思ったら
120だと。発想のスタータ時点で覚悟が違う。
それにしても何事でもトップを目指す人達の努力は自分には想像出来ない程厳しい
ものでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 

佐藤弘和 遠き空 エレジー [ギター]

祝 藤井聡太さん六段に! 
すごい人が現れたものだ。将棋は全く分からないけれどうれしいニュース。
強いだけでなくコメントを聞いても勝ちて驕らず負けて腐らずという姿に関心する。
一方、先のニュースではIPS細胞の山中伸弥先生の研究所でデータの不正事件が
起きて先生が謝罪している姿がテレビで流されたけれど日本の宝のような人を
(何も知らず直感で言っているけど)このような状態に置く国とは何なのか。
恥の精神を忘れ、世の中が乱れて来たので余計うれしいニュースでは困る。

<遠き空 エレジー>


20180218 馬 右向き.jpg
走れメロス 右向きの馬 (ちょっと苦しい)
nice!(0)  コメント(0) 

人生の並木道 昭和12年 (1937年) [ギター 番外編]

作詞 佐藤惣之助  作曲 古賀政男





<ほうれんそう>
生ごみの日、カラスにとってのポイントデー。朝からカーテン越しに低空飛行、
斜め横断、頭上の電線に軟着陸、目まぐるしい。生きるっていう事は大変な事だ。
ところでカラス君はゴミの日をどうやって分かるのか、今週は何処どこ、来週は・・・
と良く知っている、ほうれんそう(報告、連絡、相談)がとてもしっかりしている
のに感心する。

nice!(0)  コメント(0) 

大聖堂 アレグロ (練習録音) [ギター]

アグスティン・バリオス  1885-1944 パラグアイ


練習しても中々思うように弾けない曲とそこそこ形になる曲がある。
10練習して5,6位満足出来れば良いけれど1とか2というように中々成果が
現れない曲。この曲は自分にとっては簡単に弾けると思って取り掛かったものの
一向に成果が現れない。
バリオスの曲は曲想が分かりやすく、作曲家自身ギターを弾くので音の流れは
ギター的で弾きやすい、という事でその点での苦労は無いと思いながら実際は弾けない。
左手はセーハが出来なくて音がビりついてまともに出ない、右手は狭い範囲での
アルペジオが違う弦を引っ掻いてミスタッチが頻発する、指使いを色々変えてみても
上手く行かない。その上繰返しの多い曲で弾いていて分からなくなってしまう。
どうにかやっと曲を覚えて来たので録音してみたらとても聞いていられない。
まだまだ練習が足りない事がはっきりしました。
随分たどたどしくて心苦しいですけど練習の過程として載せました。
一旦止めて他の曲に向かう事にします。
この曲はアレグロと指示があるけれど、余り速くない方が良いと感じました。

20180216-3.jpg
河津桜
20180216-4.jpg

20180216-2.jpg
メジロ
20180216-1.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

遠き日々 エレジー [ギター]

佐藤弘和 作曲



金メダルはうれしい、銅はホッとした、銀は悔しい。オリンピック選手の感想。
人間の欲望はキリが無い。

20180215.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -